アシオット株式会社

導入事例

電気の検針用子メーター

機械式電力メーターが多く残る中小規模のビルや施設では、目視での検針が主流となっており、
ビル管理者の業務負担と誤検針に伴うテナントへの誤請求などが課題とされています。
既存メーターの交換時期が来るまでの間の作業低減の仕組みとして、OCRカメラを活用した遠隔検針システムは有効。

設置例

店舗・住宅用水道メータ

LPWAを使って地中のメーターと通信し、水道使用量を把握できます。
検針員の負担を軽減する一方、追加コストを極力抑え、費用の削減が期待できます。

設置例

ガス・業務用メーター

遠隔で工場、商業施設、工事現場の点検業務のIoT化を実現します。

設置例

検針員の目視確認も可能

バネクリップ、目視窓、内蔵LEDで点灯など、いくつの工夫で、今まで通りに検針員は現場での目視確認も可能。